<< 放射能? 症状と死亡のまとめ | main | 【最後の忠告】 まだ肉を食べている「あなた」へ >>

スポンサーサイト

0
    • 2012.07.02 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    地球少女アルジュナの考察

    0

      地球少女アルジュナ
      「地球の滅亡」というとき、我々は地球上の人類の滅亡を想像してスリルとサスペンスを。

      地球少女アルジュナhttp://p.tl/gsKV
      動画http://blog.livedoor.jp/yosh007/archives/50482694.html

      11月27日更新
      これまでの時代とこれからの時代を暗示するようなことがかかれてる。
      僕はだいたいこういう形で進んでいくと思う。
      「目を覚ませ」ってことがこのアニメの主張でしょう。
      TVを見る暇があるなら、このアニメを見て欲しい。

      「地球少女アルジュナ」
      「マトリクス」
      「千と千尋の神隠し」
      を見れば、「実際の」世の中の8割くらいは知れると思う。
      この3作品は素晴らしい作品。
      千と千尋に関しては、こちらの方の考察を
      「食から考察する「千と千尋の神隠し」其の一」
      http://homepage3.nifty.com/hungerfree/sen&chihiro.htm
      ()は僕の意見。

      表題「今この星の上に生きる奇跡」

      一章「時のしずく」

      恐れず、迷いを鎮めこの星とひとつとなるとき、自ずと道は開かれる
      ラージャは人が作ったもの
      露酢茶などもラージャか?つまり人が作った?所有欲と支配欲があるという限りにおいては、自然界や動物にしていることは同じだな。そのために簡単に無駄に命も殺すし・・・そういうカルマを清算しながら、生きていくしかないのかも。少なくとも同じことを自然界にしている限り、同じことをされても仕方がないとは言えないだろうか。だから、露酢茶、不利目などを知って、自分をふりかえるという姿勢が大事だな。それが悪を包むというか、自分を浄化することにつながる気がするのは俺だけか?カルマというか鏡というか・・・「共生)」はなかなか難しい世の中だけど、自然界への感謝、万物への感謝はもっていたい。

      二章「青い光」
      恐れに囚われると何もできない
      穢れは洗われなければならない

      三章「森の涙」
      彼女は君の所有物なのか?
      (付き合う人が自分の所有物だと勘違いしてしまう。
      彼女に対する所有の概念所有欲と独占欲、それは関係も、自分の身を滅ぼす怖い欲。)
      動物は何を食べればいいか知っている。人間は知らない。頭の知識に頼り過ぎた。
      (腹思考が主、頭思考は従。今は逆様。)
      山こそが本当の神殿

      四章「転生輪廻」
      「教えて、教えてか」・・・お前の力はなんのためにある?
      TVばかり見ているから、目の前のことがみえん。
      何で草を刈るのかね?雑草に野菜が負けるのか?ここでは草は刈らない
      現実が見えているか?

      ラージャをなぜ殺す?
      食べもの・飲み物はすべて自分になる。(=モザイクピープル)何を食べるかは大事
      タバコはやめない自然農法の山の住人(タバコがいいということか)
      本当の今を忘れた
      過去と未来のことで頭がいっぱい。天国は過去にも未来もない、「今」にしかない
      虫、草木、大地、人々はひとつになれる。本当の今を

      五章「小さきものの声」
      名前など物のありように関係ない。人が名づけたものにすぎない
      なぜ戦う?お前は山で何をみた?
      小さき者(虫などの)たちのまことの生き方、みんなには役目がある
      敵も味方もない(全て己が生み出したものか・・)

      六章「はじめの一人」
      戦争より、食料や種を支配すれば、人々を支配しやすい。
      (食料は人間の大元だからね。)
      自由という言葉に人は弱い
      自由の名のもとに滅びる自由もある
      万巻の書を読むより、一本の雑草のほうが価値がある。
      楽になるのと幸せになるのは別(楽は効率、幸せは心の豊かさ)
      本当の勉強・教育は「感動だ」
      (師匠の心に響く情報を取り入れるのが学びというのに近い)

      あきらめるのは楽(でも楽しくないのかも。苦しさの中に楽しさがあるから)

      七章「見えない言葉」
      言葉は便利、嘘も言える。真理はやさしい(最初はきついが。。)
      食べもの・自分のもつ感情も自分の一部になる(関わるものすべてが自分で、新たな自分の一部になる?)
      私はやさしさでラージャを助けているわけではない。(ラージャは自分)

      「もし言葉が過ちなら、どうして・・・どうして人は言葉に頼るの?」

      言葉は形を与えるから。
      気持ちや現実に形を与える。
      その形をいくつも組み合わせることで
      流れ去る記憶をまとめたり、
      まだ見ぬ未来に思いをめぐらす力を与えた。
      (形に見えるものが大事という現代の科学(頭)文明
      形のない見えるものもあるのにそこには意識がいかない。
      それが全ての悪の根源かもしれない。
      腹思考・・これが今後の時代に必要)
      (今を生きるのに言葉は必要のないものか・・)


      人はもし、言葉に出会わなければ、
      こんなふうに考えるさえできなかったのかもしれない
      しかし
      人は言葉の力(=魔力)に夢中になるあまり、
      過ぎ去った時を長くかきとどめ、
      言葉に囚われ、今を生きることを忘れた

      今を忘れ、
      自分と同じ言葉を話せる人間以外の
      天高く舞う鳥や、獣や、
      野に咲く花や、森や、海
      目に見えぬそよ風の
      言葉にならぬささやきを忘れていった


      「忘れていったのはそれだけじゃない
       人間同士も、同じ言葉を話す人人とも、
       いつも気持ちはバラバラじゃない」

      やむをえまい

      「言葉」は「分けるのが仕事」だから
      (そりゃあ人もバラバラになる)
      (日本の言葉は論理など昔はなかったと予想)
      (共生には必要ないものだから)


      僕が君を「シンディー」と呼ぶとき、
      君が僕に「クリス」と囁くとき、
      二つの名前は
      君と僕を遠く離ればれにわけていく・・・

      八章「とおい雨」

      先進国がほんの少し肉を食べるのを少なくするだけで(肉をやめるだけで)
      世界の飢餓が救えるのに(そんなこよはないんだけど。)
      食料の流通配分を変えるだけで救えるのに
      あなたみたことある?
      飢えて死んでいく子供の
      このうえなく棲んだ瞳を?(屠殺現場の動物達の棲んだ目をみたことあるか?)


      携帯の方が素直になれる。なんでなんやろな?
      (=直接だと本音はいいづらい。。。携帯がもたらしたメリットもあるのかな?)

      どこが好きかよーわからん。
      人はパーツじゃない。
      どこが好きって聞かれてもわからん。
      胸とか目とか足とか
      それをこたえられるやつの気がしれんわ。

      九章「生まれる前から」(生まれてからでは遅すぎる、ということか)

      鳥もスイカも同じ土地で同じ時間を過ごしているから、食べごろがわかる
      過去も未来も含めた本当の今(今しかないとはそういうこと?)
      ものごとは目に見えぬ時から始まっている。
      ポールシフトが起これば、人類も滅亡
      鈍感だったら、どんなに簡単か?
      生まれる前から、感じていたらまともになれないわよ
      赤ちゃんはお腹にいる時から聞いている・・・

      赤ちゃんが安心していれば、泣かない。子供が泣くのはさみしいから
      (すぐに母親から引き離される、明るいライトが原因・)
      まだここにいたいと赤ちゃんがいうのは?
      自分で決めれるから。生まれる時を。
      (自然に任せることが大事。今は何でも強制的だ)

      本当は感じているのに、
      うわべの言葉や知識が邪魔をして
      気づかないだけ(頭思考、ここにあり)
      はるか昔の人(古代の人)はもっと感覚が鋭かった。
      石ころ、自然、赤ちゃんの心も感じていた


      本当の愛を知っているから、クリスはやさしい
      (宗教家が使うような偽善の優しさではなくね。一般的に厳しいと思われる優しさだろうな)

      言葉じゃなくて心で
      感じてみたら?


      「クリスに気持ちがいくのが嫌だった・・・」
      (人の善意に見えるものには悪意もある)
      (しかし真偽はまた別で、悪意の中の真実、善意の中の嘘がある)
      (人物精査・検証ではなく、情報精査・検証が大事!)
      (どの人が正しいかではなく、どの情報が正しいか?)
      (特定の人物の言葉しか信じないとしたら、鵜呑みにするとしたら・・
       それは宗教の信者と同じ。そして自分をなくす。。)


      10章「ゆらぐ遺伝子」
      (特になし)

      11章「かえらざる日」
      すぎ去った時は二度と戻らない

      何かに反対すれば、世の中変わるって?
      (デモ・暴動はあちら側が作るしね。変えられるのは自分だけ。インサイドジョブ→少食・少金のススメ

      現代文明なんてゴミの塊。
      余分なものばかり作って、その捨て場に困り
      自分達の生み出したごみの重さでつぶれていく
      戦争で余ったものを生活に再利用(どこまで知ってんの?w)


      (上記のことを理解して、下記の変革がこれから大事)
      この地球を救うのは簡単
      本当に必要なものは何か?って
      一人一人が心の底から気づいたら

      便利なもの、オシャレなものを止められる?
      それを全員ができる?
      どうしてやめられないか?
      怖いからできない。
      一度始めたことを、手にしたものを手放すのが恐くて
      何が大切かわからなくなっている・・・
      (欲が全ての元凶か?・・・強い所有欲・支配欲)

      12章「国ほろびて」
      秋にひとつの国が死んだ
      電気、水、食べ物を失い、日本が滅んだ
      たった一日で
      (四国が中心で始まってるな。香川かな?)

      プラスチック、ビニール、石油製品が全部使えなくなる・・・
      ほとんどすべてが使えなくなる


      PDBとラージャが融合し、大変

      形あるものは必ず消える
      生まれては消えるのが世の定め

      日本を封鎖するのは決定事項(このアニメ・・・)

      石油が文明を支えている(今は原発もか・・・実際は自然が支えてる

      お前の計測な行動がPDBをまきちらしたんではないのか?
      そのお前の無理解がこのような事態を招いたというのに
      日本が滅びようと結局何も学んでいない。
      無知は罪に近いのかも。自分でそのカルマを負っていくのだけれども

      13章「今」

      人は空気と水と食べ物がないと生きていけないという
      ことにもう少し早く気付いていたら・・・
      (=それだけで生きてくれる。そしてそれを生み出すのは自然)

      わたしはラージャであり、ラージャは私
      元よりふたつはひとつ

      この地球を汚す物は自分を汚す
      自分を汚す物は滅びるしかない
      (自分で自分を救うしかない。周りに助けられながらも)
      (これから益々「カルマ」の速度は増す。)
      (悪は悪の、善は善の自分で積んだカルマを自ら刈り取っていく・・)

      目あれど見えす
      鼻あれど匂わず
      耳あれど聴かす
      舌あれど味わわず
      肌ふれあわせれど感じず


      みんな違うからひとつ
      知る必要もない
      (??)

      この星の痛みを感じるから、本当に満たされない。。
      (地球は自分の一部?地球の一部が自分かな。)

      ラージャは動物と同じ
      生物が食べられるものに変えてくれる
      (都市を襲い、「人間にとって」は悪に見えるが・・
       全体的に見れば、「善」という方向に向かってる
       人間は大事な存在だけど、人間だけの世界ではない。)



      スポンサーサイト

      0
        • 2012.07.02 Monday
        • -
        • 08:26
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM